最大判昭35.10.19:地方議会議員懲罰事件

論点

  1. 地方議会議員に対する出席停止の懲罰決議について司法審査が及ぶか?

事案

Y村の議会において、ある議案を通したい賛成派と反対派(議員Xら)がいた。

当該議案について、Xらを中心とする反対によって当該決議が否決される形勢にあったため、懲罰決議を可決させたい賛成派が、Xらを排除するために、「Xらの出席を3日間停止する懲罰決議」を行った。そこで、Xらは、当該懲罰決議は、Y村議会の会議規則に違反しているため無効であるとして、その無効確認、と懲罰決議の取消しを求める訴えを提起した。

判決

地方議会議員に対する出席停止の懲罰決議について司法審査が及ぶか?

→及ばない

司法権は、一切の「法律上の争訟」に及ぶ。

しかし、「自律的な法規範をもつ社会ないし団体」にあっては、当該規範の実現を内部規律の問題として自治的措置に任せ、必ずしも裁判に待つのを適当としないものがある

そのようなものについては、事柄の性質上、司法審査が及ばない。

そして、本件、議員の出席停止のごとき懲罰は、これに該当する。

したがって、地方議会議員に対する出席停止の懲罰決議は、司法審査が及ばない

一方、「議員の除名処分」については、司法審査が及ぶ余地はある

SNSでもご購読できます。